法律を扱う国家資格―『司法書士』

司法書士とは、司法書士法という法律に基づいた国家資格になります。
弁護士と混同されることがありますが、弁護士よりも業務の範囲は狭くなっています。
弁護士は刑事事件も業務の範囲であるのに対し、司法書士は民事が専門になります。
また司法書士になるには、司法書士試験を受験し合格するか、司法書士法の規定に従い、裁判所事務官や法務事務官といった法律に関係する仕事に一定年数以上従事し、その経験と同様の知識や能力があると法務大臣から認められた場合に、司法書士となる資格を得ることになります。
ただ、司法書士としての業務をするためには、日本司法書士会連合会に登録する必要があります。
司法書士には、一定の条件を満たせば、弁護士と同様の一部の業務を行うことが出来るようになる、認定司法書士制度というものもあります。
司法書士の仕事に従事していく上で必要になった場合は、認定司法書士になるための研修を受けることをおすすめします。